インフォメーション生命の作用年中行事行事案内リラックスタイム用語解説メールボックス
■行事案内 →HOME
http://www.hojukai.or.jp/

10月 大祭 秋の大祭のご報告
聖践寺への沿道で紫のノボタンが咲き、訪れる人々を出迎えた平成29年10月1日(日)、聖践寺(佐賀)におきまして、秋の大祭(森羅万象の生命に対し、実りある収穫への感謝と共に、各々の寳珠の浄化を本源に御祈願する祭典)が執り行われ、全国より多くの人々が参拝されました。

◎私は、5歳の頃からめまいが始まり、その後も肩こり、後頭部の重みでつらい日々を送っていました。
 母は、私の身体を良くしようと必死にいろいろな方法を試してくれましたが、改善はありませんでした。
 高校に入ると、前からあった便秘が悪化し、1カ月近く出ないこともありました。この頃になると、私は、一生この身体とつき合っていくしかないと、あきらめていました。
 そんなとき、突然訪ねて来られた方から生命の実践を受けました。私は、変化はなかったのですが、母は、自覚症状を言い当てられ、驚き、記別授与の儀を受けました。
 母の体調が良くなっていくのを見て、この力は何かあると思うようになり、平成8年に記別授与の儀を受けました。 
 寳珠宗研修会に参加し、生命の実践をすると願いが叶っていき、就職が決まり、働きやすい職場に変わっていきました。
 祖父は寳珠宗に対して理解を示してくれませんでしたが、あきらめずに実践し続けたことにより、大反対だった祖父も本源に出会わせることが出来ました。
 私の一番の夢だった家族揃って浄化に向かうことが叶ったのです。
 そして以前の肩こり、後頭部の重み、めまいはなくなり、便秘も解消しました。
 母が大病を患ったとき、生命の実践をやり続け、通してあげることで徐々に回復しました。
 母が私の身体を良くしようと努力してくれたように、今度は私が母の病気と闘っていきます。
 本源という最高の縁があって、今の私がいます。お母さん、私を本源に出会わせてくれてありがとう。 
 本源、いつもご記別と浄化ありがとうございます。
(宮崎 鎌田 れいか様)
更新日:2017/10/05
タイトルにもどる


宗教法人 寳珠宗寳珠会 2002 All Rights Reserved.
〒840-0202 佐賀県佐賀市大和町久池井718番地
TEL 0952-62-6661 FAX 0952-62-6662
admin@hojukai.or.jp