インフォメーション生命の作用年中行事行事案内リラックスタイム用語解説メールボックス
■リラックスタイム →HOME
http://www.hojukai.or.jp/

腰痛
 生命の作用では、痛みは刺激感として捉えることが出来ます。従って、腰痛の原因となる部位などは強い刺激感があるので、はっきりと原因が分ります。腰痛の原因は様々で一人一人違います。しかしその原因となっている箇所に生命の作用を及ぼしていけば、腰痛は次第に和らいで行きます。

※生命の作用は生命を浄化に導くことにより、肉体の健康を期待するものです。
 専門家である医師への相談は必ず行いましょう。

歩くことも苦痛だった腰の痛みを感じません。
 記別授与の儀を受ける前の私は、腰がとても痛く、少し歩くごとに止まって、屈伸しなければ歩くことが出来ませんでした。医者からは薬を処方されましたが、効果はありませんでした。
 平成22年に、妻の勧めで本源より記別授与の儀を受け、寳珠宗研修会に参加しました。また実践会へ知人を連れて行き、生命の実践をしたり、母親への実践もしました。
 そうしているうちに、3、4年たったころから腰の痛みが変化しだし、痛みが和らぎました。
 今では痛みを全く感じずに歩くことが出来るようになり、スポーツクラブで1時間走っても痛みは出ません。
 本源、いつもご記別と浄化ありがとうございます。
大阪 塘坂 光成様

ひどかった腰痛が軽く、ぎっくり腰も起こしません。
 私は、16歳のころに腰痛が出て以来、ずっと腰の痛みに悩み続けていました。
 熊本の家族が生命の作用を使えるようになった頃、神戸の専門学校に通っていた私は、くしゃみひとつでぎっくり腰を起こすようになっていました。
 冬休みに帰熊した際、母が痛み取りをしてくれて、変化を感じました。生命の作用を使えたなら大切な人を守れるかもしれないと考え、平成4年に記別授与の儀を受けました。
 それからは、会合があると聞くと京都、神戸等、友人を誘って参加しました。
 大阪塾に通うようになると、友人達の痛み取りをしたり、味変えをしたり、楽しく実践していました。私の腰の痛みがすっきり軽くなることはありませんでしたが、動けなくなるようなひどい腰痛は起こしにくくなっていきました。
 そして翌年、国家試験に無事合格した私は、熊本に帰ることにしました。
 そして、出来る限りいろいろな会合に参加しているうちに、腰の痛みが取れるようになっていきました。
 現在、ぎっくり腰を起こすことはまずありません。腰痛があったことを忘れることすらあります。ただ体調が悪かったり、草取りをして無理をしたりすると、やはり腰にきます。
 それでも、今は軽くなる場所、方法を知っています。践教所に入ったり、家族に痛み取りをしてもらったり、離れている息子にウイルスおろしの実践をしたりすれば軽くなります。
 本源、浄化ありがとうございます。
熊本 渋谷 智子様


宗教法人 寳珠宗寳珠会 2002 All Rights Reserved.
〒840-0202 佐賀県佐賀市大和町久池井718番地
TEL 0952-62-6661 FAX 0952-62-6662
admin@hojukai.or.jp